忍者ブログ

技術士だぁーちゃんの思いつくまま・・・

技術士(機械部門、電気電子部門)の「だぁー」が、気が向いた時に、思いつくまま綴っています。 みなさんも、気が向いた時に、思いつくままコメント下さい。 拍手コメントは、非公開なので、どんどん、好き勝手書いてね。

3月11日

だぁーです。


東日本大震災から、今日でちょうど6年が経ちます。

災害で亡くなられた方々の、ご冥福をお祈りいたします。


また、福島第一原発の事故で、未だに多くの方が避難生活で
大変な思いをなさっておられること、お見舞い申し上げます。



私の会社も、原子力関係の仕事もしていますので、大打撃でした。
というか、現在進行形で、大打撃です。

未だに、ボーナスなし、賃金カット、各種手当停止の状態です。



この3月11日に思うことを記したいと思います。



(1)被災者の数

東日本大震災での死亡者の数は、1万5千人を上回っています。
地震と津波による被災者です。

「原発反対」を叫ぶ人の中には、原発事故での死者が1万5千人
以上だというような言い方をされる方もいます。

でも、実際に、福島第一原発の爆発事故そのもので亡くなった方は
0人です。

安全対策上の不備で、完全に爆発事故を防ぐことはできなかったのも事実
ですが、多くの災害発生防止の機能は正常に働いたということを
認識して頂きたいと思います。




(2)復興への道

放射性物質の拡散などで、今も避難生活を送られており、
また、過労、心労で亡くなった方がおられるのは事実です。

でも、今、原子力事業関連の企業を中心に、復興のための
努力をしています。

福島第一原発事故の後処理関係の仕事で、私の会社からも
大勢の社員が応援に行きました。

また、後処理関係の設備の開発支援や、製造も行っています。


それは、原子力業界の人間だけがやることですか?


今まで、原子力発電所で作る、安価な電力を大量に使い、
業績を伸ばしてきた方々が、知らん顔でいいんですか?

知らん顔どころか、よくもまぁ、反対なんて言えますね。

もし、原子力発電所がなく、ここ50年の電力料金が
1割高かったとしたら、今の会社は存在しないところが
たくさんあるんじゃないですか?


今の、日本の経済、産業を約50年間支えてきた原子力の
復興に努めるのは、日本国民全体の責任ではないですか?


原発再稼働」に関しては、以前にブログに書いたとおりで、
いろんな状況の方が、いろんなリスクを背負って生きています。

「絶対安全」なんてことはないんです。

皆さんの業界でも、そうだと思います。



 

(3)技術士として

技術士には、「原子力・放射線部門」というのがあります。

国家に認められた「原子力・放射線」に関するプロです。

「原子力・放射線部門」の技術士を中心に、何かできないかな。

8万人いる技術士の力を合わせて、何かできないかな。

「何か自分にできることはないか・・・」

定年が近づいてきて、最近、こんなことばかり考えています。


何か、始めなければ・・・


 

拍手[6回]

PR

コメント

アクセスカウンター

プロフィール

HN:
だぁー
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1961/04/09
自己紹介:
おやじ技術士(機械部門、電気電子部門)です(^^
これからも、日々研鑽です(^^

メッセージ下さい

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1
4 5 8
11 13 15
18 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

P R