忍者ブログ

技術士だぁーちゃんの思いつくまま・・・

技術士(機械部門、電気電子部門)の「だぁー」が、気が向いた時に、思いつくまま綴っています。 みなさんも、気が向いた時に、思いつくままコメント下さい。 拍手コメントは、非公開なので、どんどん、好き勝手書いてね。

特許 2

だぁーです。

この前、「残念」っていう記事で、よく見ていたブログが閉鎖されたことを書きましたが、その人が別の場所でブログを再開されていました。

また、毎日の楽しみが増えました。

その人が、「特許」の話を書いていたので、僕も「特許」の話を書いてみようと思います。



以前に、このブログで「特許」という題名で書いたことがあります。

そこに書いたように、僕は、50数件特許を出願し、20件くらいが特許として登録されています。

ということは、30件くらいが、「特許」として認められなかったということです。

なぜ、「特許」として認められなかったのでしょうか?



「特許」として成立させることは、至って簡単です。

『「A」かつ「B」かつ「C」かつ「D」かつ「E」の特徴を持つ○○装置』というように条件をいっぱいつければ、すぐ「特許」が取れてしまいます。

まるまるの模造品を作ろうとする人以外は、そんな特許があっても、何も怖くありません。

『「A」かつ「B」かつ「C」かつ「D」かつ「F」の特徴を持つ○○装置』を作れば「特許」に抵触しないのですから...

同業他社にとって、一番怖いのは、『「A」の特徴を持つ○○装置』みたいに、シンプルな「特許」です。

しかし、シンプルな「特許」は、似た「特許」が多くなり、「特許」として成立しないことが増えるのです。

役に立たないが成立する「特許」を出願するか、役に立つ「特許」を成立しないリスクを承知で出願するか、そのバランスの取れたところで出願することになります。

僕が出願した「特許」で、「特許」として認められなかった案件は、少しでも役に立つ「特許」にしたいとあがいた結果の不成立なんだと思っています。


若い頃から、よく考えて特許を出していたと思います。




自画自賛...

拍手[4回]

PR

コメント

1. はじめまして

横浜すばるといいます。
最近このブログを拝見させて頂いています。
よろしくお願いします。
差し支えなければその方のブログ教えてもらえないでしょうか?
たぶんその方のブログワタシもよく読んでいたと思うので。
よろしくお願いいたします。

2. こちらこそ、よろしくお願いします

横浜すばるさま

はじめまして。

といっても、僕の方は、いつも横浜すばるさんのブログ見せていただいているので、ぜんぜん初めてって気がしません。
「アメーバ Bちゃん 技術士」で検索したら、Bちゃんさんのプロフィールが見つかり、そこからブログに行けます。
ただ、アメーバの会員にならないと読めない記事が多く、僕もアメーバ会員になりました。

僕は、新人おやじ技術士ですが、世間のために何か役に立ちたいと模索していますので、アドバイスなど頂けたらうれしいです。

今後とも、よろしくお願いいたします。

3. 無題

だぁ-さん
発見しました
ありがとございます

アクセスカウンター

プロフィール

HN:
だぁー
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1961/04/09
自己紹介:
おやじ技術士(機械部門、電気電子部門)です(^^
これからも、日々研鑽です(^^

メッセージ下さい

ケロちゃんコロちゃん

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 4
6 7 8 10 12
14 15 16 17
21 22 24 25 26
27 28 29 30 31

バーコード

P R